ヒト 幹 まつ毛 美容 液

ヒト 幹 まつ毛 美容 液,(ヒト幹細胞培養液まつげ美容液)

ヒト幹細胞まつ毛美容液、ヒト幹細胞培養液まつげ美容液、幹細胞まつげ美容液、、、(*_*)

 

いろいろな呼ばれ方をしているまつげ美容液ですが、正しくは?

 

どれも正しいようですが、言い当てているというのは「ヒト幹細胞培養液まつ毛美容液」のようです。

 

というのは、ヒト幹細胞というのは、私たちの体にある細胞のことで、実際に美容液に入っているわけではないです。

 

入っているのは、その幹細胞を増やすために培養液に浸してできたエキスということです。

 

(確かに、他人の細胞とか入っているとなると、、、ちょっとホラーですよね!)


 

ですから、培養液が入っているという表現がいちばんしっくりくるようです。

 

でも、医学用語的で小難しいので「幹細胞美容液、幹細胞コスメ」とかいうふうに呼ばれているようですね。

 

そうそう、ヒトっていうのも、医学、科学用語的な言葉で「人間」を表す用語のようです。

 

人ではなくてヒトなんですね〜、まあどうでもいいか。

 

ネット検索は、あいまいでもきちんと出て来るので大丈夫ですし。

 

ヒト幹細胞美容液がまつ毛美容液にま進出していきているのは、やはりすごい効果が期待できるからですよね。

 

まつ毛であれ、体毛であれ、お肌であれ、細胞自体が活性化していないとどうにもならない。

 

髪の毛やまつ毛は毛根が元気でないと生えてこないですし、お肌も細胞が活発で肌の生まれ変わりがどんどん起きていることが大事。

 

でも、年齢とともに細胞も衰えてくる。

 

女性なら25歳から30歳がお肌のピークで、あとは下り坂、、、なんだそうです(*_*)

 

下り坂のお肌や毛根は、元気もなくなってきて、新しく生まれ変わるのにも時間がかかる。

 

曲がり角の25歳くらいでは「28〜35日間」の周期で生まれ変わっています。

 

でも、50歳ごろになるとなんと「75日間」にも延びてしまいますう。

 

そうなると、1年に4回程度、うーん四季みたい!

 

そんな状態が続くとまつ毛も育たない、生えてこなくなる!

 

 

これまでは、そういいうことを補うために、

  • お肌なら肌を造っているコラーゲンなど
  • 毛根なら細胞に栄養を

つまり、足りないものを注いで補うタイプのコスメがほとんどでした。

 

でも、砂漠で植物を生やそうと思うと、に膨大な水が要りそうですよね、、、。

 

なので、やはり限界があった。

 

でも、ヒト幹細胞美容液なら、

  • まつ毛の毛根にある細胞を活性化させて
  • まつ毛自体も元気にする

そんなことができる「成長因子」などの超優れもの物質をこれでもかっていうほど含んでいる。

 

これは使わない手はないなという感じ。

 

 

私もそう考えると、これからはまつ毛美容にもどんどんヒト幹細胞エキスが取り入れられる気がしています。

 

 

まつ毛美容には、幾つかタイプがあると思います。

 

瞼や目元の毛根が元気なくて生えてこないまつ毛。

 

生えて来るけれど、途中で抜けたり、切れたりするまつ毛。

 

元気がなくてしんなりして、数も少ないまつ毛。

 

いろいろな手当必要なまつ毛があると思います。

 

そんなまつ毛を一手に引きうけてしっかりしてくれそうなのが、ヒト幹細胞エキスを使ったまつ毛美容液です。

 

注目の

  • サイトカイン(成長因子)
  • 3GF
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

そんな美容液に必要なものが凄いたくさん入っている。

 

それがわかって試験したら、

  • 肌は若返るは
  • シワはなくなるは

いいことだらけの結果がでたのがヒト幹細胞培養液!

 

まつ毛や毛根にもいいのはもう間違いない。

 

なので、もう大手から「毛髪発毛剤」にも使われていますよね。

 

毛髪にいいなら、まつ毛にもっていうことですね(^^)

 

そんな期待を持って、今までにない凄い効果、凄い結果が出るといいなあって思いながら、新製品などをリサーチしています!

 

 

 

 

>> ヒト幹細胞まつ毛美容液(トップページ)